E1グランプリ

初心者でもキレイに!上手な写真の撮り方


E1グランプリでは子供たちの写真とともに撮影テクニックやカメラの魅力を公開しています。

親バカといわれようが自分の子供が一番かわいい!のが親の心理。

人生の節目節目に振り返ってみるのもよし、家に飾るもよし、編集して動画のようにしたり、、思い出はずっと色褪せずにとっておきたいものですが、まずは上手に撮った写真が必要ですね。


携帯電話・スマホのカメラもかなり高解像度になってきているので、充分に素敵な写真がとれます。


写真を撮ることに機能が特化しているデジタルカメラよりも、携帯電話はカメラとしての機能が少ないのは事実ですが、そのほとんどは滅多に使わない機能でしょう。

携帯電話でキレイに撮影するコツは2つあります。

1つ目は、逆光の状態で撮らないこと。

例えば風景画を撮影しようとした場合、被写体の後ろ側に太陽が来てしまうことで逆光という状態になってしまいます。この状態のままフラッシュで撮ったとしても、被写体は立体感のない写り方をしてしまいます。そこで太陽を背中側にして、順光で撮影します。こうすることで被写体を自然な雰囲気で撮ることができるのです。

2つ目は、露出補正を使って明るさを調整することです。

先ほどの順光を使った場合でも、被写体が暗く写ってしまうことがあります。これはカメラが被写体を明るいと判断した場合、自動的に暗く調整して撮影してしまうからです。

そこで「露出補正」という機能を使うことで明るさを調整することができます。この機能は露出の数値をプラスに動かすと明るくなり、マイナスに動かすと暗くすることができます。これにより順光でキレイに撮ることのできなかった被写体をより自然な明るさで撮影することができるのです。

重要なのはこの2つのみ。この2つを意識して撮るだけでいままでとは見違えますよ。

ぜひお試しくださいね。

子役にしたいと思う今日この頃

子役ブームも当たり前になり、「ブーム」という言葉は使わなくなったものの、依然として子どもを子役デビューさせようという親御さんは多いと思います。あまりかわいいから多くの人に見せたいとか、意外と才能あるのではなかろうかとか色々と思うのでしょうが、実際には多くの子役 ... 続きを見る

オススメのベビーベッド☆

ベビーベッドを置くと部屋が狭くなってしまうから…と敬遠する方もいるかもしれませんが、1日中布団を敷いていたらほぼ同じ面積を占める事になります。むしろ赤ちゃんが寝る床板の下に収納スペースがあるものだと、ベビー布団とほぼ同じスペースで収納も出来て、空間を有効利用出 ... 続きを見る

いろんなシーンで使えるネットの電報サービス

電報は、電話が普及するまでの間、緊急用の連絡手段として多く使われて来ました。電話が一般的となった今では、昔に比べて使用頻度が少なくなっていますが、それでも冠婚葬祭や誕生日、昇進、入学や卒業など、様々なシーンで気持ちを伝えるギフトとして使われています。 そ ... 続きを見る


«    »

E1グランプリメニュー